どうという事もない日々の記録

[ はてなブログ版] 出かけた時の記録や備忘録的なメモなど。

横線が入る『 iPad 』修理に出しました

画面に横線が入る不具合の出た iPad を修理に出すことにした。
不具合現象は先にこのブログに投稿した iPad
Apple の正規修理業者で見積もってもらったら4万円以上かかるとの事。
修理にこれだけかかるのなら、第9世代の iPad が 49,800 円で手に入るのだから
これは買い替える方がお得感があるとも思うが、ここでの出費はためらわれる。
液晶画面の交換でもう少し使えるのではないかろ思うのだが、素人考えか?
iPad 修理」をネットで調べてみると Apple の正規修理業者以外でも結構出てくる。
問題は修理業者の選択である。これまで非正規業者に修理してもらったことはない。
頼りは口コミや業者の宣伝を見て判断するしかない。
今回、 iPad の修理を依頼したのは下記のサイトを参考にし、その口コミで決めた。
postrepair.net

非正規修理業者なので Apple 正規商品から除外されることになるようだ。
非正規業者で修理した場合は、修理後に他の箇所で不具合が出ることも、ありそれがデメリットになるとも言われている。
ある程度は承知の上での今回の修理。吉と出るか凶と出るか・・・

今回の修理にあたっての業者とのやり取りはすべてメールで行い、修理の iPad日本郵便の「レターパックプラス」を利用した。修理完了まで何のトラブルもなく終えることが出来た。

【修理後、返送されてきたレターパック


【返送されてきた iPad の梱包】


【修理後の ipad の画面1】
画面に入っていた白線は表れていない!


【修理後の ipad の画面2】
修理後の iPad のキャプチャー画面 縦方向。


【修理後の ipad の画面3】
修理後の iPad のキャプチャー画面 横方向。
修理後はどの画面でも横線は表示されず、完全に修復されている。

◆ 修復までの経過と修理代金

 ① 修理内容の依頼と見積。何れもメールでやり取り。反応は早かった。
 ② 10月14日 iPad を修理業者にレターパックプラスで発送。
 ③ 10月20日 修理代金を振込(PayPay銀行)
 ④ 10月21日 修復後の iPad が返送。
 ⑤ 修理代金(送料込) ¥16,280
 ⑥ データー類はバックアップしましたが、修復前の状態で修復されてました。


iPad の画面に線が入る不具合

iPad の画面に線が入る不具合
2019年12月に買った iPad の画面に横線が入る不具合が発生した。
*下記は買った当時のブログへの書き込み:
htym67.hateblo.jp

この iPad は第7世代で、安価版とでもいうものだろうか当時38,270 円(税込)で買っている。iPhone の補助マシンとして使っていた。
今回の iOS のヴァージョンアップがきっかけではないかと思うのだが、原因はわからない。
使っている第七世代の iPad には iOS16 は適用されないが iOS は15.7 にヴァージョンアップされた。これがきっかけとは言い切れないがこのヴァージョンアップ後にディスプレイ面に線が入る不具合が生じた。

【画面に線が入る不具合】

▶以下の画像は iPhone のカメラで iPad の画面を撮ったもの。

この iPadスクリーンショット機能で白線の入った画面を撮り、他の端末、パソコンや iPhone
で見た場合にはもちろん白線は入ってない。したがって今回の不具合は iPad の液晶画面での故障と思われる。

修復は可能か?

ネットで色々調べたら、修復はどうやらディスプレイ部分の交換しかないようだ。
早速京都駅前の伊勢丹10Fの「アップル製品修理サービス京都」に実機を持参して相談してみる。やはり液晶画面の交換になる。修理費は4万何某かかかるとの事。
アップルでは基本的には修理をやらずに同等品の交換ということになるので高くなるそうです。もう一万円もプラスすれば第9世代の iPad が買える値段。思案させられる価格ではある。

Dell の通販でノートパソコンを買った!

パソコンが日に日に使い難くなってきた。
使用中にダウンすることが多く、時にはブルー画面から強制終了することもる。
今使っているのは、2013年に買った Dell の一体型デスクトップ「 Inspiron One 2330」。
購入時のOSは Windows8 。何回かアップデートを行って Windows10 にしている。

f:id:htym67:20220316214734j:plain
Dell の一体型デスクトップ

CPUのヴァージョンが古く Windows11 にも適合しないようだ。
と、いうことで、この際パソコンを買い替えることにした。

買い換えるに当たってもう先行きも長くないのでもう大きなデスクトップは要らない。
しかし大きなノートパソコンは10万以上はしてる。出来ればそれ以下、7万円程度ぐらいがいい。
あれこれ調べてみるとお手頃価格のものは結構ある。
そんな中で今回購入を決めたのが Dell のパソコンになった。Dell に決めたのはこれまで9年間、
このメーカのパソコンを使っていて何回かサポートも受けたこともあり、その対応に慣れていることが大きい。で、決めた機種は下記の15型ノートパソコンとなった。
Dell Inspiron 14 5415 AMD RYZEN5」14インチ FHD ディスプレイ。オフィスソフト無し。
256GB SSD 、メモリー 8GB 、DVDドライブ無し。OS は Windows11 Home 。消費税込 73,742 円。

f:id:htym67:20220316224848j:plain
配送時の梱包
f:id:htym67:20220316225116j:plain
天側 色はプラチナシルバー
f:id:htym67:20220316225325j:plain
裏面 排気孔が二列になっている
f:id:htym67:20220316225758j:plain
表面を開けた状態
f:id:htym67:20220316225946j:plain
キーボード面とタッチパッド
<>
f:id:htym67:20220316230309j:plain
左側面 

左側面には電源アダプターポート、HDMI1.4 ポート、USB 3.2 Gen 1 ポート、USB3.2 Gen2 Type C ポート、

f:id:htym67:20220316231625j:plain
右側面

右側面には microSD カードスロット、USB 3.2 Gen 1 ポート、ヘッドセット ジャック。

f:id:htym67:20220316232627j:plain
Windows11 設定完了

初期設定完了した画面。

Windows 11 へのアップデート

10月6日に 「設定」の「更新とセキュリティ」の「Winidws Update 」の中に Windows 11 へのお知らせが表示されていた。しかし、それはシステム条件を満たしてませんというもの。
と、いうことはこのパソコンでは Windows 11 への Update は出来ないということのようだ!
一応チェックができそうなので試みてみた。

f:id:htym67:20211007145221j:plain
(図1) Update のお知らせ
f:id:htym67:20211007150202j:plain
(図2)チェック用のプログラムのダウンロード

その結果はやはり予想通りこのパソコンには Windoes 11 適応しないようだ。

f:id:htym67:20211007155334j:plain
(図3)PCが適応できるかの確認
f:id:htym67:20211007155608j:plain
(図4)チェックの結果は Windows 11 は不適合>
f:id:htym67:20211007155822j:plain
(図5)チェックの詳細報告

パソコンの CPU (Intel Core i7-3770S) が Windows 11 でサポートされてないとの結果 が出ている。
数カ月前からパソコンの調子は良くない。何とか使えるのでそのまま使い続けているのだが、それも影響があるのかもしれない。
しばらく様子を見て Dell のサポートを受ける必要があるようだ。

4年縛りからの脱出

 Apple 製品を使い始めたのは愛用していたSonyの「ウォークマン」が故障し、2010年に「 iPod touch 」買い換えてからである。
それ以降「新しい iPad 」と呼ばれた第3世代の 「iPad 」も買い足している。
 iPhone は「iPhone6」を買ったのが最初である。この辺りからソフトバンクで分割払いで買ったと記憶している。
その後「iPhone8 Plus」「iPhone11」といずれも4年縛りの48回分割で機種変更して入手している。
 2年間支払い後、新し機種に変更すれば残りの24回分(2年分)は支払わなくても新しい機種を手にすることができるというシステムだ。古い機種は完済してないわけだからソフトバンクに返却し、新しい機種で新たに48回分割の支払いが継続されることになる。
今使っている「iPhone11」も今年が半分の2年支払った年に当たる。折しも、「iPhon13」の発表があって購買意欲が煽られる。
 スマホはパソコンと違って使うことはできるのだがその仕組みに関してはほとんど興味もなく、知識もない。従って購入に関してはショップ任せで買っている。48回分割という仕組みは月々の支払う金額が何とか支払える額、という風に思わせる錯覚に陥らせてしまう。
しかし、後三カ月もすれば85才になる今、さらに4年ともなると90歳の手前。ここで48回の分割払いを背負うのも考え物。
と、いうことで今回は一括払いで「iPhon13」で買うことにした。これなら、スマホは手元に自分のものとして残るし、万が一使えない状態になっても息子たちがSIMを入れ替えれば自分のものとして使える。ということでこれが最後になると思うが iPhone を買い換えた。

f:id:htym67:20211001173453j:plain
iPhone 11 Pro のケース
f:id:htym67:20211001173727j:plain
ケースの蓋を開けると iPhone 13 Pro が収まっている
f:id:htym67:20211001173928j:plain
iPhone 13 Pro の本体。3眼レンズが特徴

初期設定を終わった「iPhone13 Pro」。ショップ店員が設定し、この状態でスマホが手渡される。

f:id:htym67:20211001180311j:plain
初期設定が終わった iPhone13 Pro

今回はキャリアの「ソフトバンク」は変更しないが、SIMカードの入れ替えは自分でやってみることにした。
今はパソコンを使わなくても新旧の iPhone 並べればデーターの入れ替えができるそうだ。新しい iPhone を購入後しばらく(今回は20日間ほど)手元で使えるということだったので、新旧の iPhone 持ち帰ってデーター移動を自分でやってみた。

 ◆ 古い [ iPhone 11 ] と [ iPhone13 Pro ] を並べてデーター移行を行う。

f:id:htym67:20211001210902j:plain
新しい方の iPhone 13 Pro に古い方のアイコンが表示
f:id:htym67:20211001210424j:plain
古い方の iPhone (左)と新しい iPhone13 Pro (右)に並べる

 ◆ データー移行が完了した状態

f:id:htym67:20211001210902j:plain
新しい方の iPhone 13 Pro に古い方のアイコンが表示

 ◆ データ移行の方法と古い iPhone のデーター移行の方法の詳しい説明書も付属している。

 ※ データー移行が完了後動作を確認したら、古い iPhone は郵送でソフトバンクに返却すればすべて完了。

Facebook の Messenger

迂闊といえば迂闊!オレオレ詐欺にひっかるというのはこういう感じなんだなということを実感した。
先日、ネットで知った旧知の友人から facemook のMessenger に下図のようなメッセージが送られてきた。
f:id:htym67:20210928164923j:plain
知人とはインターネットの仲間でもあり、何回かお会いしたこともあってその人柄も熟知している。
メッセージにはお馴染みの faccebook のアカウントアイコンも表示されている。
「それはお困りのことだろう~」と何の疑問も抱くことなくリンクをクリック!
f:id:htym67:20210928165530j:plain

手助けになったようだ・・・しかしResの書き込みが素っ気なく変だなぁ~という感じはした。
でもまあ、これで LINE が復帰できたようで、一助にでもなれば幸い。

しかし、その直後から、facebook の友達から変なメールが来ていると連絡があった!
やれた!と、思った時は、時すでに遅しの状態。

どうもLINEの友達連絡先へ発信されているようだ。

先ず、連絡で出来る所へはメールで
「リンクをクリックしないこととと、LINEの友達から削除または受信拒否の設定に
してもらうようおながいし、お詫びを兼ねたメールを送信した。」

その次に facebook へ問題が発生したことを画像をるけて報告。

勿論、LINEはすでにアカウントを削除した。
ただこの方法が最良であったかどうかは不明。
アカウントを削除してしまったので、こちらからLINEへ報告するすべがなくなってしまった。

その後、友達から報告は来てないので一段落したのかとも思っているのだが・・・
後悔の残る解決方法であるような気がしないでもない。

◆ 後日、友人にメールで確認したところ、当然のことながら
そんなメッセージを facebook の Messenger に投稿した記憶はないとのこと。

Amazon の Fire TV を買う

久し振りの「はてなブログ」への投稿です。
最近はパソコン関連の周辺機器を買うこともなかったのでここへの投稿もすっかりご無沙汰。
今年の1月に iPad 用の Bluetooth 接続のキーボード買って以来になる。

以前から使っていた 「Apple TV」 は第二世代と言われているものでかなり旧式のもの。
旧式でも YouTube は見られたのだが、それすら見られなくなっている。
同様に Amazon PrimeApple TV」 のもログインが簡単にできない。
原因は 「Apple ID」 や「Amazon」 がセキュリティをためるため「2段階認証」になっていて、
第二世代の「Apple TV」がそれに対応できてないことが原因。

ということで、「Amazon FifreTV Stick」 に買い換えました。勿論、Amazon で購入。

f:id:htym67:20210802154120j:plain
*パッケージ(表)幅14cm×高14.5㎝

随分とと薄汚れているがこれが今使っている第二世代の「Apple TV」。結構重宝してましたが・・・サポートも終了となると、あちこちに不具合が出てきた。

f:id:htym67:20210802153753j:plain
*第二世代 Apple TV 2010年発売
f:id:htym67:20210802154522j:plain
*パッケージ裏面
f:id:htym67:20210802154808j:plain
*本体(中上)/ リモコン(右)/ HDMI延長コード (中)/ 電源コード・コンセント(中)/ 説明書・乾電池


Amazon Fire Stick」 を選択した理由はまず価格が手頃だったことが第一。
iPhoneiPad を使っているので Apple TV の方が親和性があっていいのだろうが
使い方は動画をテレビ画面で見るのが主な使い方。ゲームはまったくやらない。
そうなってくると Apple TV 1万6千円超と FireStick の5千円では価格に惹かれる。
Fire Stick は使ったことがない不安はあるのだがネットで調べた感じでは何とか使えそうだ。

f:id:htym67:20210802161126j:plain
Panasonic TV(TH-L32X22-K)裏面のHDMI差込口に本体を挿入
f:id:htym67:20210802161806j:plain
*TVへのインストールや設定は自動的行われる。
f:id:htym67:20210802161929j:plain
*リモートコントロールの設定が終われば接続終了
f:id:htym67:20210802162406j:plain
*TV 画面に映った「Fire TV」ホーム画面